有機認証制度について

有機食品の検査認証制度は、JAS法(日本農林規格等に関する法律)に基づき、「有機JAS規格」に適合した生産が行われていることを第三者機関が検査し、認証された事業者に「有機JASマーク」の使用を認める制度です。

農産物、畜産物及び加工食品は、有機JASマークが付されたものでなければ、「有機○○」と表示できません。

有機JAS認証の取得を考えておられる方へ

島根有機農業協会では、「有機農産物の日本農林規格」、「有機加工食品の日本農林規格」、「有機飼料の日本農林規格(調製又は選別の工程のみを経たものに限る)」に対しての「生産行程管理者」又は「小分け業者」への認証を行っています。

申請者の方には規格品を作るための状況や栽培方法、製造方法等を書類にまとめて、内部規程等を作ってもらう必要があります。

また、作られた規程類に沿って行ったことを実施記録として、記録することが求められます。実施記録は単なる作業記録ではなく、有機性が保たれているか証明する書類となります。記録の付け方はとても重要です。その為、実施記録は生産行程の管理を行ったことを証明する記録=「生産行程管理記録」といいます。 「生産行程管理記録」をもとに、出荷製品は出荷前に格付品検査を行う必要があります。検査を行った記録は「格付管理記録」に記載する必要があります。

作られた書類や規程類が現場と一致しているか、各種記録が適切に記録されているかを、書類審査と現地調査によって確認し判定を行います。

※補足:JAS法とはどんな法律かというと、食品等に規格を定めて普及することで品質の改善を図り、又適切な表示をして、消費者が食品等を選択する際の助けとなるようにすることです。この法律で定められたルールにしたがって皆さんの身の回りの食品などには、JASマークが付いています。

島根有機農業協会の認証業務に関する品質保証
公平性のコミットメント宣言