島根有機農業協会ブログ

金子信博先生「火遊びはどこまで許されるのか?」参加報告

2018年11月12日

☆11月12日(金曜日)18時30分から島根大学にて
 
 島根大学里山管理研究会主催の金子信博先生の講演会「火遊びはどこまで許されるのか?」に参加しました。
 
 金子先生は、土壌生態学の専門(草分け的存在)で、森林や農地の土壌の生態について研究されており、近年では福島県の森林の放射性セシウム汚染の除染について効率的な方法を編み出されました。1990年から1998年まで、島根大学生物資源科学部におられ、その後横浜国立大学、そして今年から福島大学に移られました。
 
 ところで、私はかつて神奈川県に在住時に、鎌倉市内の谷戸で里山保全の活動に関わり、田んぼや炭焼き、小中学生の体験受け入れ、子育て、生態系保全等などに毎日のように取り組んでいた時期があります。実は、その際に、横浜国立大学におられた金子先生も参加され、一緒に汗を流し作業したことがありました。その後、私は福島県に移住したのですが、その際、不耕起の自然農の畑をやっており、金子先生が私の畑にお越しいただき、土壌を調査してくださったこともありました。東日本大震災の前のことだったと思います。
 そんな縁もあり、ぜひお話を聞かなければ! と思い、やや遠方でありましたが、出席しました。
 
 島根大学里山管理研究会は、学生と生物資源学部名誉教授の小池先生らが、尾原ダム周辺の竹林を利用し焼畑を実践されており、私もこの秋に1度参加しておりました。今回の講演会「火遊びはどこまで許されるのか?」はそこからきています。火遊びというタイトルですが、焼畑による土壌と生態系の変化についての研究結果をもとにした、理論的なお話でした。
 
☆内容
導入では、生物の多様性という側面から見て、農地はかく乱され過ぎており草が多く耕起が少ないほど生き物が豊かであること。森林も、人為的に失われることで、土壌の豊かさが失われ、全世界的に生物多様性が失われている傾向にあることを示されました。
 マダガスカルの例では、かつては焼畑をして数年おきに移動する生活がなされ、生態系が保たれていたものが、畑の常畑化、鉱山開発などにより土壌流出が激しく、ダメージが非常に大きくなっていることを挙げられました。
 実際に土地が焼かれるとどうなるのか。焼畑により土壌の有機態窒息が無機態窒素に変わることで、後に作付けされた作物がよく生育することなどを、1990年ころから仁多町で行われた焼畑(赤カブの栽培)での研究結果を元に示されました。(火入れ後の硝酸態窒素の量は尾根と谷で大きく異なり、谷に集中。地中深くにも残るが、地下水で流れてしまう。)
 一方、土壌の生物はどうなるか? 当然のことながらいなくなる。ミミズやササラダニを例にあげられ、年々回復してくることが示されている。
 北上山地の研究では、土壌の炭の堆積量から、非常に長い年月焼畑が繰り返されていたこと、そして、薪炭林とは場所を分け、焼く範囲が決まっていたことが示されました。火入れ後数年間畑として利用し、20~30年放置したのち再利用したことが分かっているそうだ。
 
 まとめとしては、焼畑で物質の収支を維持するには20~30年かかる。森林を火入れすることは、煙による人体への影響、山火事、土壌の劣化などの負の側面があるが、森林管理のオプションになる、おいしい野菜ができる、年々場所を移動して行うことで全体としては多様な生態系ができるといったプラスの面もある。20~30年スパンで繰り返すなら「火遊びは許されるのでは」という結論だったと思われます。
 
 参加者は興味ある方が多かったようで農業経営者や歴史を研究される方、アウトローな人(??)などから多くの質問が飛び交いました。
 
質問>放射能汚染の問題をどう捉えているか?
回答>福島では田畑の除染は進み、農作物は問題ない。山の除染はまったく進んでおらず、今後の課題。山菜やキノコなどは未だに規制値を越えている。原木しいたけの原木も使えないため、萌芽更新が期待できなくなってしまっている。木工品など別の方策により萌芽更新可能な山を目指したい。カリウム施肥がセシウムの吸収を抑制しているが、施肥をやめたらどうなるのかは、モニタリングする必要がある。
 
質問>焼畑による農業として将来性はあるのか? あるいは、レクリエーションの範囲なのか?
回答>田んぼの日なたを維持するという目的として焼くことはあると思うが、焼くことがメジャーにはならない。焼畑よりも暖房として木を利用するほうが現実的では?
 
質問>歴史的に焼畑をやっていたところといなかったところの違いは? 今から島根でやるとしたら適した場所そうでない場所があるか?
回答>日本のどこでもやっていた。簡単だから。尾根と谷では状況が異なるがやればできる。延焼を起こさないなど、ノウハウは必要である。
 
 また、里山管理研究会の焼畑についてもいろいろと質問がありました。
 
 終了後の懇親会にも参加させていただきました。久しぶりにお会いして、説明がとても明快でわかりやすい。そして実践されていることも、実物を見ても若々しい。今の地に住み3年目。荒れた里山環境を復活させ、生き物のあふれ、子どもが遊べる楽しい場所にしたいという思いはあるものの、滞ってもやもやした気持ちでいましたが、先生から元気をいただき、鎌倉や福島のことも思い出し、再びやるぞ! という思いになれました。
 
2018年11月11日記す(F)

「しあわせは食卓にある」参加報告

2018年11月 6日

「しあわせは食卓にある」参加報告
 
20181104
 2018年11月4日、ビックハート出雲にて、すこやかな大地プロジェクト主催の映画上映と講演会のイベント「しあわせは食卓にある」が開催され、参加してきました。この日は秋の日曜日ということもあり、さまざまな他の行事と日程が重なってしまっていましたが、関心が多いためか、多くの参加者が来られ、午後の講演では100名以上はおられたと思われます。
 
 午前中は、映画「いただきます~みそしるをつくるこどもたち」と「その後のはなちゃんのみそ汁」の上映。「いただきます」の舞台は福岡県の高取保育園。高取保育園では、玄米とみそ汁、納豆や旬の野菜を中心とした和食の給食が出されており、アトピーで悩まされる子が入園して改善した姿が映し出されていました。
 印象的だった点は、まず、みんなおとなしく給食をいただき、そしてほぼ全員が完食しているという点。完食できる理由を推測するに、まず、玄米や野菜中心でもおいしいのでは? それと、味噌も子どもたち自らが手作りしており、どうやって食べ物ができたのか理解できるので、食べたいと思えるのでは? そして、映画でも映し出されているように、元気に動き回ることで空腹となり、よく食べられる。というようなのかなと考えました。
 一方、みんなでいただきますをする際に、みんなで合わせて100回噛んでから食べ始めたり、みんなそろってリズム体操したり、日常から運動会のように競い合って鉄棒や板越え、竹のぼりなどをしていました。また、卒園前に味噌作りを下級生に伝える発表会のような会では、一人ひとりが文章を覚えて説明していました。こういう姿を見て、けっこう統制が取れているんだなという印象をもちました。遊びや運動、コミュニケーションももっと子どもに任せ、自由にする時間もあってもいいのかなとも思いましたが、これは映画の編集上あまり映っていなかっただけか、園の考えによるものかは分かりません。食や生活を通じて暴れたりギャーギャーと反抗したりせず、自然と決められたことを実行できる子どもに育っているのかも知れません。いずれにしても元気に生き生きとしている姿が映し出されており、近くにこんな保育園があったらなあと思いました。
 なお、神奈川県座間市の麦っこ畑保育園も紹介されており、そこもすばらしいところでした。
 この映画は2018年のしまね映画祭での上映作品となっておりまして、すでに島根県内の各地で上映されておりますが、今後は、11月11日に斐川文化会館で、11月17日は大田市民会館で上映予定となっております。まだご覧でないかた、ぜひ、ご覧ください。
 
 
 午後は、映画いただきます内にも出演されていた内科医で医学博士の奥田昌子先生の講演会「欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」~科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防」でした。以下に講演の要旨をまとめます。
 
☆人種によって内臓のつくりや体質が大きくことなるというお話。
もちろん一人ひとり見ればそれぞれ違うが、おおざっぱに分けると、日本人は歴史上、米を食べる比率が高く、遺伝的に穀物を消化しやすいような消化器官となっている。遺伝プラス日常の食生活のおかげで、欧米人と比較すると動脈硬化になりにくい(脳梗塞や心筋梗塞になりにくい)、腸内環境がきれい、骨が強いといういい特徴がある。また、弱点としては牛乳をうまく消化できない(日本人の9割)、アルコールに弱い、おなかに脂肪がつきやすい。という点がある。つまり、人それぞれ異なるので、なりやすい病気も異なる。その人にあった食生活や医療が必要である。
 脳梗塞や心筋梗塞が少ないというのは、遺伝により善玉コレステロールが高い、また魚を食べる習慣があることも影響している。腸内環境がきれいなのは、食物繊維の摂取量が多いから。
 牛乳が消化できないのは遺伝的に酵素が弱いためで、さらに、牛乳は肉と同じでコレステロール値を上げる要因となり、動脈硬化を強めることにつながるので、ほどほどにしたほうがよい。カルシウムの摂取量はアメリカ人の半分しかないが、骨粗しょう症になる人も半分以下である。これは遺伝によるものであるが、日本人が大豆をよく食べる(アメリカ人の540倍)ことに起因している面もあるようである。大豆から摂取し骨に蓄えられたカルシウムは骨から出ていきにくいらしい。
日本人(東アジア人)はアルコールに弱い。アルコール摂取により、肝臓がん、大腸がん、食道がんなどになりやすくなる。
 
☆内臓脂肪と皮下脂肪のお話。
 内臓脂肪が増えると、見た目だけの問題でなく、肝臓がん、大腸がん、すい臓がん、腎臓がんなどのリスクが高まってしまう。認知症の原因にもなるとのころ。内臓脂肪と比べると、皮下脂肪は悪影響は少ない。日本人に太った人が少ないのは、遺伝的に皮下脂肪よりも内臓脂肪がつきやすい体質のため、太るより先に病気になってしまうということである。では、内臓脂肪はどうしてつくのかというと、脂肪を取りすぎるから。戦後、日本の食文化は大きく変わり、肉の摂取量が増え、それに伴い病気が増えた。油も内臓脂肪を増やす原因となる。
 
☆ではどういう食生活がいいか。
 戦後の食生活の変化で、動物性たんぱく質の摂取量の増加にともない、日本人の脳出血の死者数が減った。これは、長い歴史上、日本人がたんぱく質不足であったのが改善され、血管が丈夫につくられるようになったため。その分、脳梗塞やがんが増えてしまった。肉は内臓脂肪を増やす原因となるが、魚はEPAやDHAといった成分が中性脂肪を減らして内臓脂肪をつきにくくする作用がある。背中の青い魚(サバ、イワシ、サンマなど)に多く含まれている。週、3~4回は魚を食べれば充分だそう。
 肉は牛よりも、豚、豚よりも鶏の方が脂肪が少ない。脂肪の少ない種類を選ぶのもよいのでは。あとは、揚げ物も量を少なくしたり、衣をやめたりすることで、油脂の摂取を減らす。洋菓子は生クリームを多用しているので食べ過ぎないように気をつけるとのこと。果物の成分の果糖は肝臓で脂肪に変わり内臓脂肪を増やす原因となるので、気をつけるとのこと。
 あとは腸内環境をよくするために、玄米やいろんな野菜など食物繊維の多い食品を食べる。ヨーグルトは腸内の菌の量と比べると圧倒的に少なく、また、摂取しても、腸内の菌に負けてしまい2~7日で追い出されてしまうため、あまり効果は期待できないとのこと。
 和食は塩分が多いことがある。塩の摂取が多いのは問題であるが、カリウムを摂取することで血圧が上がるのをおさえることができる。
 
☆よりよい和食
 まとめとして、和食の欠点を補い、よりよい和食を目指してほしいとのことでした。つまり、大豆は引き続き、味噌や納豆などでよく食べること。動物性たんぱく質も脳出血を防ぐために摂った方がよいが、内臓脂肪がつきにくくするため肉よりも断然魚のほうがよい。食物繊維を多くとる。バランスの取れた食生活をするといったことでしょうか。
 詳細は奥田先生の著書でも紹介されております。私も『「日本人の体質」研究でわかった長寿の週間』、『実はこんなに間違っていた! 日本人の健康法』を拝読させていただいておりまして、客観的な研究結果に基づいた分かり易い言葉で説明されており、また「今はここまで分かっていて、ここは分かっていない。」「これは確かだが、これは専門外なので、想像ではあるが、こう思われる。」など常に単なる思いでなく理路整然とした説明のため、講演も著書もとても納得のいく話でとても勉強になりました。

2018年11月6日 F

有機農産物申請書

2018年11月 2日

 島根有機農業協会の有機農産物生産行程管理者の申請書はこちらをお使いください。

form-A30.xlsx

幕内秀夫氏講演会

2018年9月 1日

2018年9月1日(土曜日)
『幕内秀夫氏講演会』
 
 江津市浅利町のさくらこども園にて開催された、『幕内秀夫氏講演会』に個人的に参加してきました。テーマは子どもの食の基本。料理評論家で管理栄養士の幕内秀夫氏は「粗食のすすめ」などの著書を出されていて、食事に対して厳格なのかなと思っていましたが、いざ講演をお聞きすると、物腰柔らかく、誰にでもすぐに取り組める改善方法を教えていただきました。
 
 印象的だったのは、子どもの食の好き嫌いの感覚は大人よりも理にかなっているというお話。例えば「米やいも、かぼちゃ、とうもろこし等よりも葉物を嫌う傾向があるのは、植物は熟す前の緑色の状態よりも熟した黄色や赤の状態のほうが毒性が低かったり栄養価が高かったりするのを本能的に分かっているから。無理に炭水化物、脂肪、たんぱく質のバランスといったことを強要しなくても足りている。大人が食べているのを見ていればそのうち食べるようになる。」ということであった。これについてテレビでのお弁当の実験映像とともに、「見た目やバランスを考えて凝って時間のかかるお弁当をつくらなくても、お米中心で、常備のおかずと残り物程度のお弁当で充分食べてもらえる」ということだった。なるほど。
 しかし何でもよい訳ではなく、中毒性のある食べ物についての注意があった。「砂糖と脂肪の使用が多くなりすぎている。菓子パンだけでなく食パンでも油脂や砂糖が多すぎる。ファーストフードも。これらが小さいうちに食べ慣れてしまうと、やめられなくなってしまう。」と。
 いかに、小さいうちの食事を丁寧にすることが大事なのかを改めて感じさせられました。
 
 実は数年前にもあさりこども園(当時浅利保育園)の相山園長の講演に参加した際、これらの保育園では幕内先生の指導に基づいた給食やおやつを提供しているということを伺っていました。また、娘が一時預かりであさりこども園にお世話になることがあり、園での食についての取り組みは知っておりました。
「子どもの食生活-6つの提案」のお話は相山園長からお聞きした時と同じでした。 上の方ほど大事で、⑥までできたら充分とのこと。
 
①しっかりと外遊びをさせましょう。
空腹は最大のごちそう。空腹でないと手のこんだものでないと満足しなくなる。
 
②子どものための食事は作らない
 大人と同じで、子どもが食べられるものだけでよい。喜ぶものと考えると砂糖や油脂が過剰になる。
 
③子どもの飲み物は、水・麦茶・ほうじ茶
飲み物でカロリーをとると、きちんと食事をしなくなってしまう。
 
④朝ごはんをしっかりと食べさせる
ごはんと味噌汁がよい。常備食を利用すればよい。
 
⑤子どものおやつは食事
4回目の食事と考えましょうである。おにぎりや海苔巻きがベスト。
 
⑥カタカタ主食は日曜日
ラーメン、パン、シリアル、パスタ、ピザ、ハンバーガー、焼きそば、お好み焼き等は週2、3回までに。
 
7.副食は季節の野菜、いも類、海藻類を中心に
8.動物性食品は魚介類を中心にする
9.米は未精製のものを食べたい
10.食品の安全性にも考慮する
 
 どんな人でもやればできることの提案。こういった食への取り組みが家庭や保育園や幼稚園で増えていくことを願っております。
最後の質問コーナーでは、前数列に着席した人からの質問が相次ぎ、先生に「いつも前3列に座る方はマニア」と言い当てられました。ちなみにわが家も夫婦で最前列に着席。わが家では妻の努力のおかげもあり、1~10までほとんどクリアしているかも知れないマニアです。
 茨城県出身ということで北関東のなまりで親しみがあり、和やかな時間でした。
 
幕内先生のブログ:
https://ameblo.jp/makuuchi44/entry-12402520554.html?frm_src=thumb_module
 

ドキュメンタリー映画【種子-みんなのもの? それとも企業の所有物?】報告

2018年8月23日

 
2018年8月22日
 ドキュメンタリー映画【種子-みんなのもの? それとも企業の所有物?】上映会&お話会参加報告(さんぴーの出雲にて)
 
 大切な種子を守る会が主催された上映会に参加しました。この会は、出雲市佐田町の地域おこし協力隊の方を中心開催されました。彼は、佐田町内に残る在来の品種の大豆を残そうと、佐田で大豆の栽培やみそ作りを実践されており、彼の活動紹介がありました。また、豆を使ったカレーの食事会もありました。
 
 この映画は、PARC(NPO法人アジア太平洋資料センター)によって作成され2017年6月に公開されています。エクアドル、ブラジルなどのラテンアメリカで、種子が多国籍企業に独占されようとしており、その現状や種子を守ろうとする農民の姿が描かれています。日本では、2018年4月1日に、米や大豆などの種子の安定的生産及び普及を促進するための法律、主要農作物種子法(通称:種子法)が廃止され、さまざまな懸念が日本でも広がりつつあることも報告されています。
 
※この映画の解説はPARCのWEBページでも閲覧できますので、ぜひご覧ください。
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/semillas.html
 
https://drive.google.com/file/d/1ZSe-NIZyMiYk7jeq21QIp7KhscIeRH1f/view
 
https://drive.google.com/file/d/1UfY1uO5eDGXDF3IO-mQtxPN-Q-7Rf8BQ/view
 
この解説をさらに要約しましたので、以下に掲載いたします。
 
 
☆世界の動き
 UPOV(ユポフ)条約は1961年に成立し、種を開発した企業の権利が持てるよう定められ、当初は農家が種子を保存することが認められていましたが、改訂がすすみ、1991年の改訂では、種の育成者の許可がなければ自家採種ができなくなりました。また、1980年には、アメリカの裁判で遺伝子組み換え生命体に特許が認められ、その種子を自由に使うことができなくなってしまいました。そして自由貿易協定により、ラテンアメリカなどアメリカ国外でもその権利が広げられました。
 このような流れのもと化学企業による種子や農薬の開発が進み、世界の種子市場の7割弱が6つの遺伝子組み換え企業が独占するまでに至りました(2011年)。
ここまでなら、農家は自分の種を使えばよかったのですが、UPOV1991条約の批准とそれに基づく国内法案が迫られ、2009年ころからいわゆる「モンサント法案」が各国で登場します。内容は、市場に出荷する作物を栽培するには登録された種子を使わないといけないというものです。ボンジュラス、コロンビア、グアテマラで法案が成立た一方、メキシコ、チリでは廃案になりました。映画では大規模な反対運動の様子が映し出されていました。
 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)でも、このUPOVを批准することが求められるようなので、注視が必要と思われます。
EUでもこのような動きが進み、EU共通カタログ掲載のタネ以外の売買は禁止されており、実際に逮捕事例もあるそうです。
アフリカでも2014年にアフリカ知的財産機関がUPOV1991条約を批准し、このような動きが進んでおり、タネの自由な流通ができなくなってきているようです。
 
☆日本の種子法廃止
 種子法は米、麦、大豆にのみ適用されており、タネが足りなくなることなく安定した価格で提供されること、地域にあった品種が開発されてきたこと、多様な品種が維持されてきたこと、米の種籾は各都道府県などの生産により国内で完全自給できていることなどの成果があります。一方、それ以外の野菜等の種はほぼ多国籍企業に独占されてしまい、9割は国外生産となっており、価格も上昇しています。
 この法律が、国会でわずか5時間の審議で廃止が決定されてしまい、しかも、報道も非常に少ない状態でした。廃止の理由は、「種子法が民間企業の投資意欲を阻害するから」という説明でしたが、実際には廃止されなくてもすでに三井化学の「みつひかり」や住友化学の「つくばSD」などは都道府県の産地銘柄にも指定され、栽培されています。
 
☆日本の種子法廃止にともなう危惧
 種子法が廃止されると、行政が負っていたタネを供給するという責任がなくなるため、安定供給に懸念があります。たとえば米の種籾は農家にわたるまでに3年かかるけれど、それが計画的に行われるか。 採算が合わないため、都道府県で行われていたタネの供給がストップするのではないかなどです。
 それ以外にも、次のようなことが懸念されます。
・規模の小さい品種が切り捨てられる(採算が合わない品種が切り捨てられ、地域に合った多種多様な品種がなくなる)。
・タネの値段が大幅に上昇する(現在でも民間企業の品種は最大10倍の価格となっている。ますます大規模農家しか経営が成り立たなくなる)。
・農業試験場などが規模縮小、技術ある人的資源が多国籍企業に移行する。
・種採り農家が種採りを続けられなくなる(今までは都道府県と契約した農家が手がけていたが、コスト重視で海外生産となり、貴重な技術継承も失われる懸念がある)。
 
☆既存の民間品種の例
・三井化学「みつひかり」
・住友化学「つくばSD」
・日本モンサント「とねのめぐみ」
 
☆農民のタネを守る動き
 ブラジルでは、2003年にクレオール種子条項が定められ、農家が育てたタネは新しい種子法の適用を免除され、自由に保存したり売買したりできるようになりました。シードバンクも作られ、また、政府が伝統的な固定種を買い取り販売する取り組みも行われています。
 国連人権理事会では「小農民と農村で働くその他の人々の権利宣言」が成立しようとしています。そこではタネの権利についても明記されています。また、「多国籍企業を規制する強制力のある国際人権条約」の成立に向けた努力されています。
 インドでは、バンダナ・シバが創設した市民組織が125以上の地域にシードバンクを作る支援をしており、品種は2500種を越えています。フィリピンでも市民組織が在来品種の米などの種を集めて提供する活動をしています。EUでも無償でのタネの交換や寄付は可能なのを活かし、種の交換のネットワークが広がっています。
 
☆アグロエコロジー
 このような流れの中、ラテンアメリカで広まった「アグロエコロジー」の考えは、化学肥料や農薬に頼らず、小規模でお金をかけずに伝統的な種を自家採種し自然に即した栽培の方が生産性が高く、小規模農家で成功しやすい。また、環境への影響も少なく、健康にもよく、持続可能であるというもので、国連でも食糧生産の倍増や気候変動の収束にもつながると報告され、発展途上国を中心に広がっています。またフランスは国がこのような農業を支援する取り組みがなされ、イギリス、アメリカでも支援や研究などの動きが見られます。
 有機農業の考えは主に先進国で発展しましたが、有機農業を国際的に進めるIFOAM(国際有機農業運動連盟)は2015年の「Organic3.0」という報告で、アグロエコロジーの成果を取り入れる方向を示しています。 化学肥料や農薬を使用する農業は、気候や環境という面でも限界があるにも関わらず、タネを独占し化学肥料の使用を進める状況は、時代に逆行しており、むしろアグロエコロジーこそ今進めるべき農業ではないでしょうか。
 
☆感想
 国家間の利益のため、あるいは大企業の利益のために、農家が代々受け継いできた種子を自由に扱うことができなくなってしまうことは、農家の生活においても、環境や生態系、気候変動にも影響を及ぼすほどの問題となる。これをどうにかしようという取り組みが進んでいるが、日本では問題を目の当たりにしていないせいか、既に小規模農家の経営が成り立たなくなっているせいか、高齢化のせいか、むしろ問題意識は低いのではと思いました。また、世界のアグロエコロジーのような取り組みが進む一方、日本ではそういう動きはあまり感じられません。しかし、この問題は農家だけでなく、人々の生活全てに関わってくることであるので、目を背けずまずは知り、伝えることが必要かと思いました。
 中山間地の多い島根県では必然的に農業は小規模となりますが、そこで農業を営んでいくには、環境や健康、生態系を意識した取り組みがより重要であると思います。
 このたびは、種子に関して考えるきっかけを与えていただき、ありがとうございました。