11月5日・出雲まちなかオーガニックミーティング(講演会とパネルディスカッション)のお知らせ

2016年10月13日

11月5日(土曜日)、安心安全な農産物について考える、交流会を開催します。

詳しくは下記のとおりです。みなさまのご参加をお待ちしています。

--

『出雲まちなかオーガニックミーティング』
☆日時
  平成28年11月5日(土曜日)
  13時受付開始 13時30分開演 16時閉演

☆第1部 13時40分~
  河野剛已氏 講演会  
  「健全な植物根を育てる土壌を目指して」
   ~サトイモ栽培 1株3,500g以上の収穫量は可能か?~

☆第2部 15時~
   パネルディスカッション「若手農家の思いと現実」
   パネラー:浅津知子氏・土居勝栄氏・河野剛已氏・(若手農家) 衣笠久志氏・森脇健斗氏

☆場所
  出雲市民会館 3階・第一会議室(出雲市塩冶有原町2丁目15)

☆お申し込み締切り
  10月28日までに、島根有機農業協会へ

☆お申し込み、お問い合わせ先
  島根県邑智郡美郷町粕淵404-5 特定非営利活動法人 島根有機農業協会
  電話・ファックス : 0855-75-0017
  Eメール:shimane-yuki-nougyou@feel.ocn.ne.jp (@を小文字に変えてください)

☆毎週土曜日、出雲市駅・中央通りにてまちなかオーガニックマルシェが開催されております。
当日も開催予定ですので、ぜひ、お立ち寄りください。

☆チラシはこちら→28年11月5日出雲チラシ.pdf(講師・パネラー紹介、マルシェの説明、ファックス申込用紙あり)

☆趣旨
  『安心・安全な農産物を作りたい・届けたい』、だけど・・・。
  『安心・安全な農産物を食べたい・食べさせたい』だけど・・・。
生産者も消費者もなかなか思うようにはいかないことが見えてきました。
 島根県内でも有機農産物の需要はずいぶん増え、出雲市でも「まちなかオーガニックマルシェ」をはじめとする活動が広がり始めています。
しかし、始めたからこそ見えてくる課題もたくさんあります。「どうすれば安定して有機農産物を生産できるのか」「化学物質過敏症やぜんそくなどアレルギー疾患が増加している中、安心・安全な食べ物を持続的に入手するにはどうすればいいのか」「農業の担い手不足といわれる中、新規就農している若者が生活していける農業とは」等など、せっかく始まった有機・オーガニックの流れを続けたいから、皆さんでオーガニックについて考えてみませんか?